離婚協議書作成センター

離婚協議書(合意書)とは、離婚届を出す前に夫婦で話し合い、合意した内容を書面にしたものです。

離婚協議書(合意書)とは

夫婦で合意した内容を書面にしたもの

離婚協議書(合意書)とは、離婚届を提出する前に夫婦間で話し合い、合意した内容を、書面にしたものです。
(書面の名称は、離婚に伴う契約書、協議離婚合意書、離婚給付契約書など、さまざまなものがあるようです。)

一般的には、離婚すること、未成年の子どもの親権・養育費・面接交渉、財産分与、慰謝料といった内容についての取り決めを、記載します。

「書面を作ることが面倒だ。」とか「わざわざ書面にしなくても、お互いが約束を守ればいいだろう。」と、お考えの方もいらっしゃるでしょうが、「書面を作成すべきだ。」と申し上げます。

口約束だけで大丈夫?

夫婦間で話し合い、合意した内容は、口約束であっても法律上は有効です。

しかし、相手が守らなかった場合は、どうなるでしょうか?

例えば、「養育費として毎月5万円支払う。」という口約束が守られなくなったとします。

毎月の5万円は、子どもにとって大切なお金です。

支払い義務のある相手に請求しても、相手が「そんな約束はしていない。」という態度をとった場合、どうしますか?
(支払いを確保するには、最悪、裁判を起こす必要があるでしょう。)

ただ、訴訟においても口約束だけでは、支払い義務についての証拠が何もありません。
(書面がないことにより、とても困難な状況となるのは、明白なのです。)

書面を作成しましょう

書面である離婚協議書があれば、訴訟での証拠となります。
(相手が決めていない、合意していない等と、言い逃れることはできないでしょう。)

書面がなければ、請求についてゼロからのスタートになるでしょうから、大変な違いです。

いかがですか?離婚協議書を作成する意味が、ご理解いただけたと思います。

離婚後に養育費の支払いを拒む人は、跡を絶たないのが現状です。

子どもの養育費という重大な内容を、口約束だけで取り決めとするのは、とても危険なことなのです。

口約束で言った言わないの水掛け論に終わらないために、ぜひ、離婚協議書を作成してください。

協議離婚で知っておくべきこと

離婚協議書作成

公証役場情報

ページのトップへ戻る